menu

    株式会社アセンティア

    大阪府堺市北区長曽根町1936-1-1405

    TEL.06-6244-0111

    銀行にとって良い物件とあなたにとって良い物件は一致しない

    キーワード:

    銀行にとって良い物件とあなたにとって良い物件は一致しない

     

    解説:

    あなたにとって良い物件とは、
    収益評価が高くなる物件であることが多い。

    キャッシュフローを目的とするならば、これはごもっともだ。

     

    一方で、銀行にとって良い物件とは、
    多くのケースで担保価値があるかどうかだ。

    もちろん収益評価は重要だが、
    それよりも積算評価が重要である。

    万が一、その物件の返済が滞った場合、
    その物件を売却さえすれば、融資金額を回収できるからである。

     

    つまり、あなたのとって良い物件と、銀行にとって良い物件は
    一致しないことは覚悟しておこう。

    銀行にとって良い物件をたくさん持っていると
    総合的に評価が高くなり、次の融資が受けやすい。