menu

株式会社アセンティア

大阪府堺市北区長曽根町1936-1-1405

TEL.06-6244-0111

中古物件の耐用年数とは?

キーワード:

中古物件の耐用年数とは?

 

解説:

建物は、法定耐用年数で償却する。

すでにご存知の通り、
建物の法定耐用年数は下記の通り。

 

■建物の法定耐用年数
木造            22年
軽量鉄骨(肉厚3mm以下) 19年
軽量鉄骨(肉厚4mm以下) 27年
鉄骨(肉厚4mm超)    34年
RC(鉄筋コンクリート)  47年

 

ただし、これは新築の場合。

 

中古物件の耐用年数は、
次の簡便的な方法で計算する。

———————————————————–

●中古物件の建物の耐用年数

(耐用年数-築年数)+ 築年数×0.2(小数点以下切捨て)

———————————————————–

例)RC築19年の物件の場合
(47年-19年)+19年×0.2=31.8年

⇒31年で償却

つまり単純に計算した47年ー19年=28年
よりも長くなるのだ。